1. HOME
  2. サービス
  3. 経営支援
  4. 職業賠償責任保険・慶弔金
  5. 全柔協慶弔金規定・労働保険・国民年金基金

経営支援

MANAGEMENT

職業賠償責任保険・慶弔金

全柔協慶弔金規定・労働保険・国民年金基金

全柔協慶弔金規定

全柔協では慶弔金規定に基づき、組合員を対象に冠婚葬祭時のお祝金・お見舞金制度を実施しています。

【申請方法】
申請用紙をダウンロードしてご記入・ご捺印いただき、事項を証明する資料(写し可)を添えて送付してください。
6カ月以内に事務局まで申請してください。
例:結婚 2019年6月3日にご入籍の場合、2019年12月2日迄が申込期限です。

※入院予定や身内のご不幸などは早めにご連絡ください。

申請用紙ダウンロード

労働保険事務組合完備

全柔協では全柔協労働保険事務組合に加入された事業主に代わり、従業員様の雇用保険に関する手続き等を行っています。

現在は大阪府及び隣接する県の方が加入できます。
月会費2,000円
※一部加入できない場合があります。

国民年金基金

国民年金に上乗せする公的な年金制度です

自営業である柔道整復師・鍼灸マッサージ師が加入する国民年金(老齢基礎年金)は、会社員が入る厚生年金と異なり上乗せ部分が基本的にありません(65歳から受け取る基礎年金額は1人あたり約6万6千円)。そのため老後に不安を感じる方も多いようですが、この制度は国民年金を増額するために運営されている公的な年金制度です。

また2019年4月より、全国の職能型・地域型の年金基金が合併し、「国民年金基金」に一本化されました。これにより組合員はもとより、ご家族やスタッフも加入できるようになりました。
全柔協組合員も多数加入しておりますので、節税対策も兼ねて老後に備え、この機会にぜひご加入をご検討ください。
(掛金は全額所得税控除対象。所得税・住民税が安くなります)
パンフレット(PDF)を見る

加入もしくは詳しい内容を聞きたい場合の流れ

  1. 全柔協にご連絡ください。
  2. 必要事項をお聞きしますのでお伝えください(連絡先、希望日等)。
  3. 後日、国民年金基金から連絡がきますので、ご説明を受けていただき、加入される場合は手続きを行ってください。

加入資格

  1. 国民年金第1号被保険者または任意加入被保険者であること。
  2. 国民年金保険料を納付していること。

備考

  • この国民年金基金への加入は全柔協を休会・退会しても継続します。
  • 申込み時にお伺いする内容は加入に関する業務以外の目的では使用しません。
  • 加入は任意ですが、会社員になるなど国民年金第1号被保険者でなくなったとき以外は、任意に脱退および中途解約はできませんのでご留意ください。

お問い合わせ TEL:06-6315-5550

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【柔整・あはき】厚生局が行う集団指導について

このところ全国で鍼灸あん摩マッサージの集団指導の通知が届いています。これは今年から始まりました受領委任制度に伴い、受領委任契約を結んだ施術管理者に順次届いているものです。 出席票に記載する登録記号番号は集団指導の通知の左...
コメントなし

柔道整復師(柔整師)の「団体」一覧

柔道整復師(柔整師)には、医師における日本医師会のような業界を統一する職能団体はありません。接骨院・整骨院で施術を行う柔道整復師には、いわゆる社団会員(協定)と個人柔道整復師(契約)に分けられます。 団体一覧 健康保険を...
コメントなし

【報告】6/16~臨床神経科学の未来「治療家が用いる神経科学的なケアアプローチ」

目次1 第1回レポート「脳の機能と仕組みと体の関係、自律神経疾患、栄養学」2 第2回レポート「末梢神経障害(ヘルニア、坐骨神経痛、テニス肘など)、運動機能障害(ALS、パーキンソン病、脳梗塞など) 」3 第3回レポート「...
コメントなし